手の臭いの原因とは

クリニックでの手の臭いの治療

  • トップ

クリニックでの汗の治療

手の臭いは、汗が多く出てしまうことが原因と考えられるものの場合は、クリニックで治療をすることが可能になっています。治療方法は、薬物治療や、外科的な治療による治療などがあり、いろいろな方法で、症状を劇的に変えることができます。手の臭いの薬によるクリニックでの治療は、内服薬による治療や、注射による治療などがあります。内服薬での治療の場合は、プロバンサインと呼ばれる薬があり、保険適応で治療をすることが可能になっています。注射での治療の場合は、ボトックス注射による治療方法もあります。神経の末端から分泌される伝達物質「アセチルコリン」の分泌を抑制すすことに効果がある治療であり、気軽に治療をすることができる方法になっています。手の臭いのクリニックでの外科的治療方法は、胸腔鏡下交感神経節遮断術(ETS)と呼ばれるものがあります。発刊を指令する交感神経を内視鏡で切るような治療内容になっていて、交感神経を切っても、体に悪い影響を与えることがないため、しっかりとした治療をすることができます。星状神経節ブロックや、胸部交感神経ブロックと呼ばれる治療方法などもあり、さまざまな治療内容があるため、医師に症状を調べてもらって、よい治療内容を選ぶ必要があります。

新着情報

↑PAGE TOP